ネガティブな部下

組織に悪影響を与えるネガティブな部下

比較的仕事はできるが、部下をこき使い、徹底的に叩き、限界まで疲弊させる

 

手柄は全部自分のものとして、部下をあきれさせ、白けさせる。

 

上司への説明は非常にうまいことが多く、現場を把握していない社長はだまされる

 

頭が非常に固く、ネガティブな発言を繰り返す。

 

懇切丁寧に説明されていったん納得しても、またすぐネガティブな発言に戻る。

 

社長のエネルギーを大きく奪うだけではなく、
経験の浅い社員が影響を受け、モラルが下がる

 

当事者意識が弱く、創業メンバー、経営チームの意欲を削ぐ無責任な発言を頻繁に行う

 

自分のノウハウを同僚、部下に共有せず、他の誰かが困っていても「我関せず」の姿勢。

 

自分の仕事をやっていれば、仲間を助けなくてもいいんだ、
という間違った概念を社内に広めてしまう

 

パワーハラスメントも、当事者意識が弱い無責任な姿勢・発言も、ベンチャーには命取りになる。

 

何がまずいか妥協せず明確に指摘し、態度を改めてもらう

 

重要なメンバーでも変化がなければ退社を促す、という強い覚悟で臨む

 

このような部下は社長が毅然とした態度を取れるかどうかで態度を変える。

 

相手の足元を見る。

 

厳しい姿勢で臨むこと

 

ただし、意識・行動を変えるには、きめ細かいコーチングが必須。

 

これは人まかせにはできない

 

どういう心の持ちようをすべきなのか?

 

どうやって悪い癖を直すのか?

 

社長にとって特に扱いやすい部下に関しては、何かおかしいと疑ってみること

 

上下意識が強く、上司には非常に気を使い、
部下にはぞんざいな態度を取っていることが多い

 

普通より感じがいい、扱いやすいと思えることがおかしいと思うべき

 

何事によらず、部下に遠慮せず、おかしいものはおかしいとはっきり伝えること