アウトプットイメージ作成

アウトプットイメージ作成アプローチの重要性

部下に効果的に成果を出してもらうためには、
以下の「アウトプットイメージ作成アプローチ」の実行が有効で、
過度なプレッシャーや余計なストレスなく、部下の力を引き出すことができる

 

部下に仕事を指示する際、最初に完了時のアウトプットイメージ
(業務完了時にどういうイメージになるかを示したもの)を極力詳細に書いて
示すことが極めて重要であり、効果的。

 

慣れれば、30分から1時間程度で十分可能。

 

業務が企画書、報告書等の資料作成の場合は、
全体の目次、ページ数・ページ配分を決め、各ページにタイトルを書き、ページを振る。

 

部下の目の前でこのアウトプットイメージを作成して、合意し、キックオフとする。

 

3日の仕事でも、2週間の仕事でもアウトプットイメージを
最初にごく短時間で作成する、それですり合せすることが効果的

 

これにより、上司・部下のすれ違いが防げる。

 

通常の仕事のやり方、業務指示のやり方だとかなりのすれ違い、言った言わないが生じている

 

最終ゴールを最初に明示し、到達するまでの期間中に極めて頻繁なコーチング
(2週間であれば、7〜10回程度)をすることにより、過度なストレス・プレッシャーなく
スピーディーにゴールに到達することができる。

 

上司としても新たな発見が多くなり、上司・部下とも成長が加速される。

 

頻繁にコーチングすれば、多くの場合、時間は15分程度でも十分

 

有望な部下に難易度の高い業務を与える場合でも、アウトプットイメージへの合意は必要。

 

また、方向が見えるまでは一緒に走り見本を見せるほうが、
時間のロスなく大きな成果を出せる。

 

過度なプレッシャーもなくなり、部門としての重要な業務を失敗するリスクも減る。

 

上司が助けたから本人の成長のためにならない、ということは決してない。

 

上司が全部取り上げてやってしまうということではないので、余計な心配である

 

水にまず投げ込み、おぼれそうになりながら泳ぎを覚えるのは、非常に古いやり方。

 

そのようなやり方をする組織はノウハウの蓄積が進まず、大きな成果を出せない上、
何より有能な人材がすり減らされていく。

 

流出も続く

 

上司の大半は、アウトプットイメージを持っていないのにそれを隠し、
部下に仕事を投げることが多いように思われる。

 

「お前にチャンスをやるよ。頑張ってみろよ」といいながら、
実際は上司が答えを持っていないことが多い。

 

結果として有効なサポートができず、期待した成果を実現できないばかりか、
部下にとって過度のストレス、過度のオーバーワークを生じさせる