人材育成

人材育成取り組み時の問題点と対応策

社長自身、日本企業での経験しかなく、人材育成がどのくらい重要か理解に乏しい。

 

何がいいレベルなのか、何が不足なのか、肌感覚がない

 

結果として、仕事が忙しい中で、人材育成がなおざりとなりがち。部下にも要求しない

 

「できる人は勝手に育つものだ」と思い込んでいる

 

「泳ぐかおぼれるかだ」と思い込んでいる

 

業務は丸投げで放置されるか、あるいは一々口を出してレベルの低い作業のみ担当させる

 

 

部下を育成し、より大きな仕事ができるよう育てられるかどうかで
ベンチャーとしての成功が大きく左右されるので、真剣に率先垂範する

 

社長自ら部下育成の見本を示し、その重要性と具体的な方法を社員全員に示す

 

社長の姿勢が経営チームに影響を与え、社内の雰囲気、
業務への取り組み姿勢全体にインパクトを与える

 

社員の中で一番人材育成に関心が高い人を「人材育成推進リーダー」に任命し、
会社全体の意識向上を促進するとよい。

 

推進の最終責任者は当然、社長

 

社長に対してもチャレンジ、助言させる。

 

社長自身の意識・行動改革、スキルアップが先決

 

リーダーは、年齢・経験よりも向上心の高さ、柔軟性と人材育成への関心の強さで選ぶ

 

「人材育成は、費用がほとんどかからず、しかも素早く成果が出る魔法の杖」だと
一刻も早く理解し、本気で取り組むこと

 

「ベンチャーでは人材育成をしている暇などない」という説を唱える人もいるが、
これは人材育成についての成功体験が不足しているためと考えられる

 

何歳でも、どういう経験をしてきた人も、社長が本気で接すれば、必ずある程度以上成長する。

 

投げやりだった人でも少しずつ変化していくことで、社員全体が勇気づけられるし、
何より、社長の自信につながる

 

【おすすめページ】脱毛 ミュゼ