リーダーの役割

コーチングにおけるリーダーの役割と重要性

リーダーは、チームがどちらに進むべきか、
誰よりも先に、誰よりもはっきりと方向を示す. . . ビジョンの提示

 

先が見えないのは誰も同じ。

 

ただ、見えない中で誰よりも深く考え、誰よりも神経を集中して
方向を示すことのできる人がリーダーとなる

 

常に自信があるわけではない。

 

ただ、自信があるように振舞うことが必要

 

リーダーは、ビジョンを実現するための実行課題を明確にし、優先順位をつけ、
チームメンバーの100%以上の力を引き出して、成果を達成する

 

頭を常に整理しておくこと. . . 頭が整理されていないと、
「我を忘れる」、「殿、ご乱心!」となってしまう

 

チームメンバーの考えを最大限引き出す. . .
多く、大きな声で発言する人の考えが一番深いわけではない

 

内外のキーパーソンを徹底的に巻き込む. . .
チームだけで努力しても、成果につながらないことが多い

 

リーダーは、自らの成長に人一倍熱意を持って取り組まなければならない

 

リーダーの力、スキル、見識、器がチームの成果を決める

 

リーダーは激務のため、意識して取り組まないと、充電よりは消耗することが多い

 

リーダーの数、ネットワークが会社の成長、成功を決める

 

リーダーは社長から新入社員まで各層に必要

 

リーダーシップを発揮できる人材が相互補完し、会社をリードしていく

 

リーダー同士のネットワークが会社を大きく変える力を持つ