コーチングの始め方

うまくいっていない部下に対してどこからコーチングを始めるべきか?

本人の長所、成長課題をもう一度整理する。

 

何が得意で何が不得意で苦手意識があるか、再度確認する

 

業務課題、本人の成長課題に対する本人の理解度を確認する

 

本人がよく理解できていること、できていないことを、項目別に把握する

 

理解できていない項目に対して助言し、コーチングする

 

理解できている項目に対しては、達成すべき成果を決め、合意する

 

成果を評価する

 

成果につながった場合は、躊躇なくほめる

 

結果が必ずしも十分でなくても、真剣な努力があれば認める